映像翻訳者として、ブログ開設したものの、気づけば単なるハワイ好きのブログになりつつ…失礼しました💦

そろそろ、翻訳について書こうと思います!

まずは私がなぜ映像翻訳を仕事にしようと思ったのか。

それは単に英語が好きだったことと、海外ドラマが大好きだったから。

とはいえ、調べてみると映像翻訳者になれるのは、ひと握りの人しかいないと💦

こうしたこともあり、実際に踏み切るまで数年悩んでいました。

その後、結婚を機に、勤めていた会社を辞め、映像翻訳学校に通い始めました✨

週1の授業は楽しくもあり、辛くもあり充実していました。

毎週、課題が出されるのですが、自分の字幕がプリントアウトされて、クラスメイトに配られます。

良い例として取り上げられることもあれば、悪い例として…ということも、しばしば。

ダメ出しに慣れるまで時間がかかりましたが、素直に耳を傾けることで成長できるのだと、今では思えます。

調べ物も多く、意外と地味な作業が多いのですが、それも楽しめる人には、この仕事は向いていると思います。

書籍やインターネットで、どうしても調べがつかず、インド文化についてインド料理店、ガーデニング用語についてイングリッシュガーデンに、取材に行ったことも😅

何度か徹夜もしましたが、今では良い思い出です。

コースの最後の方で娘を授かり、悪阻と格闘しながら課題を提出。

そんなこんなで、何とか無事に講座を修了しました。

しかし、そこですぐにお仕事…というわけには行きません。

修了者対象のトライアルに受からなければ、仕事を受注できないのです💦

特に優秀でもない私は、途中で出産をはさみ10回目くらいで合格しました💮

合格した時は本当に嬉しかったです😊

その後、OJTでさらに鍛えられました。この時、娘が1歳半。保育園の一時預かりデビュー。初めて預けた時はお互い泣きながら…

OJT担当ディレクターや家族の協力のおかげで、2012年の夏にめでたく映像翻訳者デビューを果たしました!

長い道のりでしたが、夢が叶ってよかったです✨

それから少しずつ仕事を受注できるようになりました。続きはまた後ほど♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA