「ディズニーの英語システム」その後。

娘が2歳になる頃、翻訳のトライアルに合格し、
OJTを経て仕事を受注し始めました!

保育園も無事に決まり、それは良かったのですが…

DVDを観せる時間が、あまり取れなくなりました💦

ちょうどその頃、娘はアンパンマンにハマり、さすがのミッキーも、アンパンマンには勝てない時期でした。(このブームは1年ほどで終わりますが)

それでもCDだけは、保育園の送迎時に車でかけ流しを続けていました😊

イベントにも、ほぼ毎月参加。
テレフォンイングリッシュも、毎週やっていました。

先生と一緒に英語の歌も
上手に歌えるようになりました。

とはいえ、「このままで本当に話せるようになるのか…」と不安になったのも事実。

それから約半年、何となくゆるい感じで続けていました。

保育園に慣れて少し余裕ができたので、未開封だったトークアロングカードを出してみることに。

母がカードを通し、ミニーちゃんやデイジーが、英語で話すのを、娘に聞かせてみました。

すると、母の持っていたカードを奪い、自分で通す娘。気に入って何度もやっていました😊

「これはいい!」と何日か続けていると
今度はカードの音声をマネするようになりました!

しかも、発音がキレイ。

例えば「a seal (アシカ)」と娘が言った時、私には「アシヨ」にしか聞こえず、ただの間違いだと思い訂正してしまいましたが、あとで娘の発音が正しいと気がつきました💦

3歳くらいになると、最初は単語だけだったのが、少しずつ二語文、三語文と文章になりました!

親バカ様の私たち両親は「この子は天才だ」と浮かれていましたが、お友達のユーザーさんも同じような反応を示していることを後で知りました💦

子供の吸収力ってスゴいです✨

私も長いこと英語を勉強していますが、発音は苦手です。どんなに頑張ってマネしてみても、ネイティブのようにはならず…

日本語は108音しかないのに対し、英語は約1800も音があります。

子供の頃にその音を聞いてないと、聞こえなくなり、発音するのも困難になるとか。

今でも英語の発音が良く、両親の発音を直してくれることも💦

そんな娘の成長が嬉しく、負けないように頑張ろうと思う母でした☺️

続きは、またいつか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA