今日は健康診断で、バリウムやらマンモやら、色々やってぐったり。

頑張った自分へのご褒美として、ひとり映画🎬♬

「おとなの恋は、まわり道」を観てきました。

結論から言うと、個人的にはイマイチ…

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーの共演は、これで4度目だそうです。

全体的には微妙でしたが、2人の掛け合いは、面白いところもありました😊

地に足が着いた大人の恋と考えれば、これはこれでアリなのでしょう。

ただ個人的には、もう少しロマンティックな感じがほしかったです。第一印象がお互いに最悪だけど、一緒にいるうちに…という良くある展開は想定内。

それはいいのですが、あまり色気がなく、どのポイントで恋が始まったのか理解できませんでした😅

せっかく魅力的な2人なので、もったいない印象でした。

アメリカ人には、こういうテイストがうけるのか…

最近アジアのドラマばかり観ていたので、感覚がおかしいのか…

面白いのは、2人がリゾート婚に招待され、飛行機で旅立ち帰るまで、ほとんど他の登場人物と絡まず、2人の間だけでストーリーが展開していくところでした。

2人が終始喋り続けるので、翻訳者の方は大変だろうな、と思う一方、登場人物が少ないのは助かるだろうな、と。(先日関わった中国のドラマは、とにかく登場人物が多かった…)

個人的な好みの問題なので、興味のある方はぜひ映画に足を運んでみてください♬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA